北海道地方自治体のWEBサイトを見てみよう第3弾!~後志地方編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイスキーが大好きで余市によく行きます、どうもエンジニアの吉舌です。 連続テレビ小説「マッサン」で多くの方が余市を訪れましたが、残念ながら私は見ていないんですよね... さて、今回は前述の余市やスキー場が有名なニセコ、海の幸が美味しい積丹町や泊原発のある泊村などが属する後志地方の自治体です。 後志地方には1市13町6村がありますので、今回はその中から5サイトご紹介したいと思います。  

余市町

http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/ 冒頭でもお話ししたのでまずは余市町のWEBサイトからご紹介します。 ...どうです?懐かしさを感じませんか? どうやらこのWEBサイト、今から15年前の2002年に制作されたようですが、完全なtable構造でリンク部分も画像が用いられています。 現在ではなかなかお目に掛かれないサイトではないでしょうか。 WEBデザイン・構造が古いからと言ってコンテンツが古いわけではありません。 新着情報が最新なのはもちろんのこと、「余市町でおこったこんな話」というコーナーは2004年7月から毎月欠かさず更新されており、2017年3月現在「その151」まで続いています。 デザインが新しいことだけが素晴らしいことではないということを思い出させてくれますね。  

仁木町

http://www.town.niki.hokkaido.jp/ 続きましてはサクランボやりんご・ぶどうなど様々な果物で有名な仁木町のWEBサイトです。 仁木町のサイトは流行の1カラムデザインで、メインビジュアルが並ぶスライダーの画像は果物のカラフルな色が印象的です。 下層ページを見てみるとブラウザ左側にラベルのような形で「町民のかたへ」「観光・イベント情報」「事業者のかたへ」といったガイドナビも用意されています。 また、大きなサイズのビジュアルで思わずクリックするユーザも多いのではないでしょうか。 私が特に興味をそそられたのは「くだもの狩り情報」のページです。 美味しそうな果物の写真を載せているので、まだ3月にも関わらず果物狩りカレンダーを確認してしまいました。  

泊村

http://www.vill.tomari.hokkaido.jp/ 続いては泊原発があります泊村のWEBサイトです。 ホームページのURLを叩いたとき思わず我が目を疑ってしまいました。今は懐かしのFlashです。 各パーツをフレームとして呼び出す手法を用いています。 個人的には「古いデザインで何が悪い!」と開き直ってしまうタイプなのですが、そろそろ作り直す必要があるのではないでしょうか。 各コンテンツの更新は欠かさず行っているようですがーザが見てくれなければ勿体ないです。 是非、そのコンテンツ更新の気持ちをWEBサイトリニューアルに向けて欲しいと思いました。  

古平町

http://www.town.furubira.lg.jp/ 今回ご紹介する4つ目のサイトは古平町のWEBサイトです。 淡い色使いや可愛いイラストが特徴的なサイトですね。 メインビジュアルの子どもたちと相まって幼稚園のサイトのような柔らかい印象を受けます。 古平町PR動画ページではクオリティの高い映像で古平町を紹介していますし、観光・イベント情報ページでは各スポットやイベントを紹介しています。 全体的にクオリティの高いWEBサイトではありますが1点だけ。 こちらのページなどを見てみると、コンテンツ内のリンクが非常に分かりづらくなっています。 こういったポイントまでしっかりとユーザビリティを考えることでユーザの反応が変わってくるのではないでしょうか。  

倶知安町

http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/ 皆さん、最後にご紹介するこちらの町、この漢字読めますか? 最近では北海道の難読地名が有名になりつつあるので読める人も増えたのではないでしょうか。 正解は「くっちゃん町」です。 倶知安町のサイトはシックな色で統一されており非常に見やすいですね。 スキーヤー・スノーボーダーが多く訪れることもあり、現在の天気を見ることのできるライブカメラや「きょうの積雪・降雪量」といったコンテンツもあります。 こちらのサイトはレスポンシブデザインになのですが、残念なことにスマホ表示時はビジュアルが非表示になってしまうようです。 スマホ表示時には大きなデータのやり取りを少なくすることが求められますが、メインビジュアルの全非表示は少し寂しさを感じさせますね。     いかがでしたか? 私は仁木町のWEBサイトをご紹介した段階でお腹がすいてきました。 後志地方はアクティビティが充実しているので北海道に来る方は是非一度、各自治体のWEBサイトを確認してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*