Postfixのあれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道でも桜の季節になり、外出もしやすい時期になってきました。 新年度(年度末)を迎えるお客様も多く、新規に案件を頂いております。 新規の案件にて、お客様がWebページを公開するサーバがない場合や、現在利用中のサーバのスペックが足りないため移設後に・・・などの理由から黒い画面で過ごす時間も増えてきました。 そこで今回は、VPSなどでメールを利用する場合に使うことの多い「Postfix」について役立つTips(コマンド)をまとめてみました。 ※CentOSをベースに記載しております。  

Postfixのバージョン確認

下記のコマンドを実行することでバージョンが確認できます。

Postfixの現在の設定を確認

下記のコマンドを実行することで設定が確認できます。

Postfixの現在の設定と初期値での差分を確認

下記のコマンドを実行することで差分が確認できます。  

Postfixのメールキューの残数

下記のコマンドを実行することでメールキューの残数が確認できます。

メールキューの内容を確認

下記のコマンドを実行することで、[QueueID]にて指定したメールキューの内容が確認できます。

 メールキューを削除

下記のコマンドを実行することで、[QueueID]にて指定したメールキューを削除できます。

 一括でメールキューを削除

下記のコマンドを実行することでなかったことになります。   これだけを知っていてもサーバの構築や運用ができる訳ではありませんが、動作がおかしいなどと思った際に原因を特定するための1つの手段にはなるかもしれません。 早い段階で原因が特定できれば、それに対しての暫定対応も行いやすくなります。 今回は「Postfix」を中心にTipsを載せてみましたが、今後もすぐに使えて役に立つ(?)Tipsを載せていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*