久々のMovableType

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PowerCMSはあったけれど、久々に素のMovableType案件でした。 最近はCMSというとWordPressばかりです。 弊社だけではなく、傾向として同じようなところが多いのではないでしょうか。 所感を記しておきます。

ここが困った

情報が古すぎ

WordPressだと最近の記事もすぐに見つかりますが、MT全体的に情報が古い。。 2011年とか2009年とかの記事とかが多い。既に10年前の2007年とか記事も出てきたり。 内容が結果だけを説明したような記事が多いのも印象に残ります。 新規で使用する人にとっては情報がないもしくはあっても古い、さらには分かりにくいってことですね。 ただ、その情報で2017年現在のバージョンでもしっかり動くものが多く、なんというか微妙な心境です。

動作速度

管理画面、ちょっともたつきありですが許容範囲。 再構築はMTの長所でもあるので我慢。 ちなみにVPSサーバー、apacheへのインストールでの印象です。 Movable Type for AWSだと早いのでしょうか。

初期状態では使えない

これはMTに限らずですが、初期設定の状態が使えない。 予想ですががMTを純粋にブログとして新規導入するユーザーはもう少ないのではないでしょうか。 コメント、トラックバック等、企業コーポレートサイトの構築では使わないほうが多いので、オプション扱いでもいいくらい。 テーマによって違うのかな?

ここが良かった

構築方法は色いろできて楽しい

HTMLを出力するだけではなく、JSONやSSI用のインクルードファイルを出力できたり、設計にも幅が出て楽しいです。

アイテム

以前使用していた頃にくらべ、すこし機能が向上した印象。 WordPressなど他のCMSで当たり前に出来てMTで出来なかった部分が少なくなっており、好印象です。

まとめると

すこし便利になった以外は大きな変化はなかったです。 Data APIはいろいろ使えそうなので機会があれば。 以前はMTの方が多いくらい触っていたこともあって、基本的に好きなCMSです。

Movable Typeでお困りなら

というわけで弊社ではMT案件も対応可能です。 お問い合わせフォーム、またはお電話(011-211-5440)にてご連絡ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*